プチプラアイクリームはプラセホワイター!デメリットや対策方法まで伝授します

私が今使っているアイクリームは、明色化粧品から発売されている、プラセホワイター 薬用美白アイクリームです。こちらのアイクリームは、大型スーパーやドラッグストアなどでも販売されている、所謂プチプラのアイクリームで、お値段は1000円程度で売られているとてもリーズナブルなアイクリームです。

有名ブランドのアイクリームなら数千円から数万円するものもあるので、それと比較したら1000円程度で購入できる、プラセホワイター 薬用美白アイクリームはかなりお値打ち品だと思います。

プラセホワイターはかなりオススメ

今まで私は、他のプチプラアイクリームを使っていましたが、あまり効果が実感できなくて、クリームタイプのものから、ジェルタイプのアイクリームまで色々と試してみた結果、プラセホワイター 薬用美白アイクリームが一番私の肌に合っていたので、こちらのアイクリームを使用することにしました。

こちらのアイクリームは、美白はもちろん、気になる目元のシミやくすみを目立たなくさせる効果が期待できたり、シワを軽減させ、肌にハリを与えてくれる効果も期待できます。
白っぽいクリーム状のアイクリームで、伸びが良く、多少べた付きがありますがその分保湿力に優れていて、アイクリームを塗った部分の乾燥を防いでくれます。

プラセホワイターの効果的な使い方

プラセホワイター 薬用美白アイクリームの効果的な使い方は、まずは洗顔後に適量のアイクリームを出して、優しく指先で目元に塗り込むと良いのですが、その他にも、アイクリームをあえて伸ばさないでパックのように使ったり、アイクリームを塗った箇所にラップを乗せてしばらく放置したり、アイクリームと化粧水とまぜてアイクリームの伸びを良くして使うと効果的に使うことができると思います。

人によって使い方は様々あると思いますが、アイクリームの使い方で一番良い方法は、乾燥が気になる前に小まめに塗り直して、目元を乾燥させないようにすることが一番良いと思います。

ですから、気がついた時にアイクリームをたっぷりつけると良いと思います。

ですが、メイクをしているとなかなかアイクリームをたっぷり塗ることができないと思うので、メイクをする前にアイクリームをたっぷり塗って、それからメイクをしてみると目元の乾燥が和らぐと思います。

アイクリームのデメリットと対策

目元を乾燥やシミ、くすみ、シワから守るには、日頃のケアが欠かせないと思うのですが、アイクリームを塗ると乾燥などの悩みが解消される反面、アイクリームによる刺激や摩擦、成分などにより肌荒れを起こしたり肌トラブルにつながることも良くあると思います。

私の場合、プラセホワイター 薬用美白アイクリームは肌に合っていて、つけると目元のシワやくすみが和やらいだように感じますが、人によっては肌に合わなくてかえって目元の悩みが増えてしまうということが起きるかもしれません。

なので、アイクリームを使う前には成分をよくチェックしたり、アイクリームを使うことでどんな効果が得られるのか、副作用はないのか、何日間か使用して効果が現れなかったり、逆に肌トラブルにつながってしまったと感じた場合はすぐに使用をやめた方が良いと思います。

アイクリームを使う以外でクマを消したり、シワやたるみ、シミなどの悩みを解決する方法はいくつかあって、第一にエステや美容外科へ行って施術してもらうこと、第二に生活習慣を見直すことなどがありますが、エステや美容外科で施術してもらうには、病院などの施設に通ったり、施術にかかる費用が必要となるので金銭的に余裕がないとできません。

第二の生活習慣を見直す方法は今すぐにでも出来ますが、効果を実感するまでには長い時間を費やすことになり、長期的な対策となるので今すぐにでも効果を得たい人にはおすすめできない方法です。

となると、やはり一番目元のクマやシワやたるみ、シミに効果的なのはアイクリームを使うことで、アイクリームは手軽に使えてすぐに効果を実感しやすいものだと言うことができます。

まとめ

目元に悩みを持っている人で、アイクリームをまだ使った事がないという人は、今日からでもアイクリームを使ってみて、効果のほどを実感してみてほしいと思います。アイクリームは使い続ければかならず効果を発揮してくれるので、毎日使ってみると良いと思います。

自分の肌に合うものならば、プチプラのアイクリームでも十分なので、高級アイクリームだけでなく、リーズナブルなものにも手を出してみて、自分に合ったアイクリームを見つけてみてほしいです。

特に私が参考にしているのは、こちらのサイトです。

アイクリーム おすすめ

このサイトは、動画でレビューして下さっているのでとても分かりやすく使い心地を試すことができます。参考にしてみてください。